火. 10月 4th, 2022

仏教の葬式の慣習は、国によって伝統や「流派」によって異なります。

また、流派の中でも異なります。たとえば、台湾の禅と日本の禅は異なります。

個々の宗派の仏教の葬式の慣習に関して具体的な質問がある場合は、スピリチュアル アドバイザーに相談することをお勧めします。

葬式の習慣は、仏教の宗派や国によって異なります。

非常に儀式的で伝統的な葬儀もあれば、非常にシンプルで厳粛で威厳のある葬儀もあります。

家族や友人は、高価ではあるがおそらく意味のない伝統や儀式に惜しみなく費やすのではなく、価値のある目的に寄付し、その功績を故人に譲渡することができます。

 

 

 

安らぎと安らぎは仏教の葬儀の特徴です。故人の肖像画を展示する祭壇が設置され、ろうそく、香、花、果物が供えられます。仏像は祭壇の横または前に置かれます。

仏教の葬儀の慣習によると、礼拝は僧侶が主宰し、僧侶が説教を行い、仏教の儀式を行います。僧侶が不在の場合は、他の僧侶が奉仕を行うことがあります。故人に功績を伝える儀式は、家族や他の会葬者によって行われることがあります。たとえば、故人に代わって主任僧侶に布を提供したり、器から溢れたカップに水を注いだり、説教したり、供物や施しをしたりします。

 

  • 伝統的な仏教の葬式では、家族は白い服を着るか、伝統的な白い布で衣服を覆い、ヘッドバンドまたはアームバンドを付けます. 会葬者は次のこともできます。
  • 棒を持って歩き、悲しみが彼らにサポートの必要性を残したということを象徴する
  • 適切な経典を唱える、または唱える(祈り)
  • 花や果物の供え物を持ってくる
  • お香を焚いて空気を甘くする
  • ゴングやベルを鳴らす

仏教徒は、死は終わりではなく、ある形から別の形への移行にすぎないことを理解していますが、悲しみを示すことは容認されます. そうすることで、友人や家族は愛する人を失ったことを認めます。

しかし、焦点は、人生の儚さを理解し、人生を有意義なものにする原動力として自分自身の死について考え、故人に代わって善行を行うことにあるべきです。

 

火葬は伝統的ですが、故人は火葬または埋葬される場合があります。僧侶がいる場合は、棺が封印される前に最後の儀式を行います。

家族は、奉仕の最後の行為として棺を持ち上げるのを手伝うかもしれませんが、出席している他の人は、敬意を表して黙祷を捧げます。

葬列の間、家族は霊柩車の後ろを歩くことがあります。すべての参加者は、家族に良い考えを送り、人生の無常を熟考する必要があります。

 

と言った感じで、同じ仏教でも、習わしや文化がその国々でも変わりますし、同じ国でのその内容は国の社会情勢や、経済状況などにも影響されます。

日本では昨今知名度が上がってきた、直葬という葬儀のスタイルも、社会性や文化、経済状況によって変わってきたといえます。

 

20年ほどまでであれば、直葬という言葉はほとんど聞かず普通の通夜、葬儀が一般的で、その費用も200万から300万以上する場合もあるなど、今で言えばとても高価な儀式だったといえます。

ですが、不況が続く日本では、故人が生前から、葬儀の簡素化を伝えていたりします。

それは、生き残っている家族や子孫へ経済的な負担を押し付けたくないといった想いがあるように考えられます。

 

仏教や葬儀といっても、同じ日本でも様相が変わってきている事を踏まえて、踏襲すべきところは踏襲して、緩やかな変化にも対応していくことが大事なのかもしれません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。