火. 10月 4th, 2022

日本政府は、殺害された安倍晋三元首相の国葬に183万ドルを費やすと金曜日に発表した。与党と統一教会との関係が明らかになったことに怒りを覚えた国民からの反対が高まっているにもかかわらずである。

安倍首相は、日本で最も長く在職しているが分裂の激しい首相であり、7 月 8 日の選挙集会で射殺され、その後すぐに葬儀が執り行われたが、日本は 9 月 27 日に東京の日本武道館アリーナで国葬を執り行うことを決定した。

日本政府は、殺害された安倍晋三元首相の国葬に183万ドルを費やすと金曜日に発表した。与党と統一教会との関係が明らかになったことに怒りを覚えた国民からの反対が高まっているにもかかわらずである。

安倍首相は、日本で最も長く在職しているが分裂の激しい首相であり、7 月 8 日の選挙集会で射殺され、その後すぐに葬儀が執り行われたが、日本は 9 月 27 日に東京の日本武道館アリーナで国葬を執り行うことを決定した。

安倍首相の後継者である岸田文夫首相の政府は、国葬の費用を国費のみで賄うことを決定した。

しかし、世論調査では、この考えに対する根強い反対が示されています。日曜日に発表された最新の報告書では、回答者の 53% が国葬に反対していました。

国民は与党と統一教会の関係が明らかになったことに怒りを覚えており、世論調査の回答者の大多数が十分に説明されていないと感じており、岸田氏にとって大きな頭痛の種となっており、彼の支持を低下させている。

 

海外でも日本における統一教会や、安倍元首相の葬儀に反対している国民が少なくない事をニュースに取り上げてあるようですね。

これの、要点というのは、やはり20年以上も続く不況を野放しにしてきた事で、国民の経済状況が非常に厳しい状況に置かれているという事の現れなのかもしれません。

例えば、葬儀の業界でも、一般的な葬儀に費用はどんどん少なくなっています。

また、その最たるもので、直葬という、通常の一般的な葬儀の内容をカットして、火葬と供養を行い費用を抑えるという事が取り上げられつつあります。

それくらい、日本の国民の疲弊度合いは高いと言えるわけです。

 

おそらく、今回の安倍元首相の国葬に関しても、そういった妬み、つらみ、金銭的な疲弊した状態が続いていることで、反対したくなる意識が出てきているのではないかとも思います。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。